続・サンダーバンギラスWAパーティの構築【ポケモン金銀対戦考察】

 

対戦をしていたところ、炎やエレブーが弱点になっていることに気が付いた。

それを改善するために大きく変更を加えて、パーティを組み直してみた。

outカビゴン・ヘラクロス

inヌオー・フォレトス

サンダーバンギラスWAパーティwithヌオーの概要

55サンダー 雷・めざ氷・寝言・眠る@ピントレンズ

55バンギラス 岩雪崩・かみ砕く・爆裂パンチ・鈍い@奇跡の実

50ヌオー 地震・冷凍ビーム・毒毒・砂嵐@食べ残し

50パルシェン 波乗り・撒きびし・リフレクター・大爆発@黄金の実

50ナッシー サイコキネシス・宿木の種・眠り粉・大爆発@麻痺直しの実

50フォレトス めざ虫・撒きびし・鈍い・眠る@薄荷の実

 

 

 

変更点の個別解説

ヌオー

バンギラス・ゲンガー・エレブー・ライコウ・バクフーンなどに明確に強く、

サンダーの相性補完としては最高レベル。

地面ポケとしては当然だが、パルシェンでしっかり止まってしまうところはかなり痛い。

ガラガラにも先制され、草やカビゴンを倒すのにも苦労するのも難点。

サンダーやバンギラスやフォレトスに残飯を渡す選択肢もあるが、とりあえず残飯を持たせて運用してみる。

寝言や薄荷では単体としてのポテンシャルが低すぎる印象はある。

岩電気炎の弱点をつけるメインウェポンの地震

パルシェン・草をはじめ広範に効果的な砂嵐

サンダー・ナッシー・地面へ打点を持てる冷凍ビーム

55残飯ヌオーほど鈍いや爆裂パンチを活かせないので、ノーマルに有効な毒毒

毒を省略して、めざ電も大いにあり。

フォレトス

鈍い爆裂パンチバンギラス・鈍い自爆カビゴン・眠り粉大爆発ナッシーなどカビゴンパーティに対する手駒が揃っていて、

撒きびしを使えるパルシェンもいたので、前回のパーティではフォレトスは省略していた。

今回もカビゴンとフォレトスとどちらを採用するか迷ったので、今後の調整が楽しみなところだ。

カビゴン

ヌオー・フォレトス・バンギラス・サンダーに役割を分割できるのでout

カビゴンが抜けることで水エースに対しては弱くなったが、そこは妥協できる。

ヘラクロス

バンギラス対策はヌオーで強化できているのでout

バンギラス

鈍い自爆カビゴンが抜けたので、かみ砕くの必要性は増したが、

スターミー入りのカビゴンパーティにはフォレトス+サンダーの勝ち筋が有力なので

現状は冷凍ビームに留めている。

大文字やめざ飛の選択肢もあるが、これは具体的な仮想敵に対する調整となる。

パルシェン

冷凍ビーム→波乗り

鈍い→リフレクター

リフレクター波乗りパルシェンは鈍い冷凍ビームパルシェンに強い。

フォレトス加入によりカビゴン受けの負担が減ったので鈍いを抜いて

リフレクターを持たせることでケンタロス対策を厚くすることができる。

サンダー

ポリゴン2に勝ちやすくするための磁石だったが、そこはバンギラスに任せたほうが全体への勝率は上がりそうだ。

ピントレンズを持つとナッシーにめざ氷を打つ時にも若干心強い。

ナッシー

変更なし。

対戦ログ解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください