蟹杯5初日レポート

始まりました、金銀VC発売前夜まで ~COUNT DOWN GYMSHIRO~

これから前夜まで盛り上がっていきましょう。

月曜(敬老の日)のドラフトも参加よろしくね^^

初戦はvsべきお氏

パーティ変更有り大会の時は人読みをして使うパーティを決めます。

ベきお氏の場合はミルタンクか特殊技持ちカビで来る気がしたのでキチカビ3にしました。(論理の飛躍)

ふたを開けてみると相手は”カビパルサンダー”でした。

選出で考えたこと

・カビやサン☆に寝言カビを出す。

・ゲンガーにはブラキを出す(ガラは対策が厚いから出しづらい)。

・パルネールにはスイクンを出す

・カビクッションにエアを入れたいけど、カビに文字や電磁砲打たれてイージーウィンされたくない。

・しかもエアを入れると何かしら受からなくなるから、やはりカビブラスイ。

・スイクン起点にされると対カビはきついけど立ち回りで頑張る。

対戦ログ vsベきお氏

ログ解説

・パルネールを上手く使われてブラキがうまく働かない。

・ビシ撒かれ毒撒かれ、じりじりと追いつめられる。

・受からないカビには何とか寝言カビを合わせていく厳しい立ち回りを強いられる、戦えるけど不利っぽい。

・サイクルされるとキツイがカビが居座ってきたので、これ幸いとのろいを積みあっていく。

・積み合った後にネールにひいてくれたときは助かった、先制されての捨て身で負けてた。

・その後もこちらは危うい局面だったが、ネールが大爆発してくれて勝ちの目が出てくる。

・ブラキが追い打ちをしたのはクリミス、しかも序盤の毒撒きによりブラキは奇跡の実を失っている。

・ブラキが素眠りに追い込まれ、万事休すと思った。 思ったがこれがなかなか堅かった。

・相手も上手く詰めることができず、こちらのカビも眠れて復活。あとは寝言カビで圧殺できました。

感想

序盤のサイクル戦、カビ対決とその後のネール、ブラキの眠りにカビ合わせなど負け筋が多数ありました。

厳しいなかでもしぶとく立ち回れたのはよかったけど、やはり3でカビミラーは怪しい勝負になってしまいます。

キチカビ1のように☆が居ればカビパルネールの相手は楽になるなぁ~とここで確認できました。

 

二回戦はTokaiTeio氏

東海氏の場合はやはりピクシー予想です。

寝言カビを使えば何とかなると考え、しかも前の試合で急に☆を使いたくなってしまったので、それにひきづられてキチカビ1を選択。

ともあれ選出、予想通りピクシーエース。

選出で考えたこと

・ゲンガー以外に勝てる寝言カビ

・ゲンガーと自爆カビ受けのブラキ

・色々便利な☆(パルの方がよかったかも)

対戦ログ vs東海氏

ログ解説

・警戒すべきはゲンガーのブラキ突破、鈍いツメカビ無双、あとは麻痺や急所、それ以外は対応可能です。

・カビゲンガー警戒で、初手ブラキでしたが、予想外のバナが来る。

・ブラキは温存のためバナには寝言カビをあてる。

・爪カビがでてきて2体割れる。残りはピクシーと断定してゲンガーはいないと考える、よって爪カビにブラキ出せる。

・あとは爪カビをケアしつつくるくる回して追い込み、最後は寝言カビでピクシーを圧殺。

感想

ほぼ相手のパーティを把握しているので堅く進めることができました。

後から考えると虫WAやバンギパもあったね^^;そっちのほうがきつかったかも。

 

三回戦は影さん

最近の大会ではよく当たる気がする。

初戦でガルーラがいるのが確認できたから、寝言カビ対策を取られたかなと予想。

ミラーに強いサンダーパやバンギエアを手持ちのパーティから探したが、手ごろなのがなかった。

組んでる時間もなかったので、素直に真っ向勝負。

     

VS

選出で考えたこと

・寝言カビゴンでぶん殴って急所とかで倒す。

・ガルーラパルゲンガーあたりに働けるゲンガーブラキを出す。

・ゲンガー受けでヌオーがきそう。

・爆破爆破メロメロガルーラが無理だからなるべくサイクル戦にしたい。

・枚数差をつけてゲンガーでガルーラを仕留めたい。

対戦ログ vs影さん

ログ解説

・ゲンガーは大爆発型を確認しているが、黒い眼差し滅びの歌に変更しているかもしれないので普通にブラキをあてる。

・催眠術を打ってきたので、寝言カビで受けに行く。ここでブラキの実を消費しなくて済んだのがでかかった。

・ガルーラはブラキで必死に流す。ガルーラとはいえ鈍い吠える眠る地震メロメロ身代わりの全部は持てないので3体がかりでやれば対処できるケースが多い。

・運よくクソカビをゲンガーで滅ぼせて、一気に勝ちが見えた。パルやヌオー選出の方が厳しそうだった。

・あとはブラキでゲンガーを狩って、2対1へ持ち込む。ガルーラに滅びをかけて、カビゴンは回復してチェックメイト。

・カビゴンが起きるのが確定していたのも心強かった。

(急所勝ちチャンスを1回にするため&鈍い捨て身捨て身で倒されるのを防ぐために、眠る→寝言ではなく鈍い→眠るが多分正解)

感想

こういうマッチをしっかりとれるのが寝言カビの強いところであり、ガルーラの難しいところですね。

ガルーラは自分もつかいたくなりました。

 

決勝はstoic氏

真っ向勝負はしてくる、しかし前回大会と同じ轍を踏まないようになにかしら策を練ってくるという予想。

キチカビ1では普通にサンダーにもタンクにもやられる。

3だと音テールネール入りに苦戦が予想される。

サンダーバンギやライコウタンク…戦えるけど自信はない。

と確実にいけるパーティがなかったのと、単純に楽しい試合がしたいと思った。

そごで野試合では何度か回していたゲンガーで行くことにした。

VS

選出で考えたこと

・まずゲンガーを出してタンクは封じておく。

・サンダーナシカビリキーあたりでゲンガーを釘付けてくると予想。

・サンダー誤魔化しと相手の50を吹き飛ばすカビゴン選出。

・あとはナッシー釘付けリキー受けでヘラクロスを選出。

・ヘラでサンダーに毒を入れてカビで耐えていればという怪しいプラン。

・もしくはゲンガーのメロメロ冷パンしだいでどうにか互角くらいはとれんかなーと。

対戦ログ vs stoic氏

ログ解説

・ヘラサンダー対面から毒を入れるという誘惑に耐え

・パルビシ読みでゲンガーを後出しするのを耐え

・ヘラの氷を解かしにいくのを諦め

・なんかと最善を尽くすようにしていたらチャンスが来たので、ずばばばばってやったらラッキーで勝てました

・パルにゲンガー合わせるのを読まれたら負けていたし、のしかかりで麻痺引いてくれたのも幸運だった

・のしかかり2発撃った後に鈍いでよかった(クロチョ耐えのため)。

・命中やら爪やらメロメロ3連続を考えると最後は5割くらいの勝負だったかな。

感想

・相手の立ち回りが完璧ではななかったことや運でなんとかなりました。

・承知はしていたけどこのパーティでは有利はとれないね。要改善。

 

総括

対戦・運営ありがとうございました。

毎回運だったり、相手のミスだったりで勝ちを拾っているけど、それは自分からは崩れていないということでもありますね。

使いやすいパーティを使う、不運を誘発しない、良く使いこなしておくっていうのが大会では特に大事な気がします。

次はパーティ無しですね、それではみんなで頑張っていきましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください