50残飯ヌオーの型を考える【ポケモン金銀の対戦考察】

 めざめるパワー電気

天敵であるパルシェンに42%~50%のダメージを与えることができる。

めざ電を持たないと一方的に倒されてしまう50黄金リフレクターパルシェンに

対面から勝てるようになり、爆弾的役割を果たすことができる。

エアームドも中乱数3発で倒せる。

腹太鼓

太鼓地震で50パルシェンは低乱数一撃、50黄金ナッシーはほぼ2発で倒せる。

50カビゴンはほぼ一撃で倒せるので、のしかかりで麻痺を引かなければ対面から勝てる。

鈍いのしかかりも確定で耐えるので、太鼓:鈍い 地震:のし 地震で勝てる。

標的が居ないとぬるくなりがちなヌオーだが、カビゴンに対してほぼ爆弾として使えるようになる。

ナッシーの眠り粉やパルシェンのリフレクターでお膳立て裏決定としても面白い。

冷凍ビーム

主にナッシーとサンダーに対する打点を持てる。

50サンダーを中乱数3発、残飯持ちを4発で倒せる。

55サンダーを4発、残飯持ちをほぼ5発で倒せる。

50ナッシーを3発、黄金持ちを高乱数3発で倒せる。

フシギバナには地震とほぼ同じダメージとなる。

凍結がなくなってしまうことを考えるとどくどくとの相性はいまいち。

砂嵐

汎用性は高い技で、決定力補助となり、バンギラスとの相性も良い。

しかし50残飯自爆カビゴンを削る以外だと、明確な採用理由を見出すことはできない。

砂嵐だけを使ってもパルシェンやフシギバナを突破することはできないのが痛い。

55サンダーと対面して戦う際には役立ちそうだ。

どくどく

50残飯自爆カビゴンをはじめミルタンクやポリゴン2に毒が入ると戦いやすくなる。

ラス1タイマンになって勝てないようだといまいちか。

砂嵐と両方持たせるのは重複になるので、どちらか一方を選ぶのがよさそう。

爆裂パンチ

手っ取り早く決定力を出すには、他の広範囲キャラと同様に、爆裂パンチをブンブン振る手もある。

50カビゴンに34%~40%のダメージ。

波乗り

冷凍ビームでは3発かかるガラガラを2発で倒すための技。

対面では勝てないのがヌオーの水ポケモンとしてのウィークポイント。

破壊光線

地震と威力は同じだが、太鼓光線で50ナッシーや55ヘラクロスを確定一撃。

他には太鼓光線で55めざ氷サンダーもほぼ一撃。

めざめるパワー虫

他の地面と同様ナッシーに対するピンポイント役割破壊。

50ナッシーを2発、黄金持ちをやや高乱数2発で倒せる。

めざめるパワー飛行

他の地面と同様ヘラクロスに対するピンポイント役割破壊。

数字上は55残飯ヘラクロスをほぼ2発で倒せるが、

鈍いを積まれると50ヘラクロスを倒すのも難しくなってくるので、役に立たない。

 ヘドロ爆弾

冷凍ビームや破壊光線やめざ虫との比較だがかなり中途半端で、わざわざ選ばないだろう。

のしかかり

麻痺もあるがあまりにもぬるい。どくどくや冷凍ビームの方がマシだろう。

鈍い

55でつかっても微妙なので、50ではさらにいまいち。

ど忘れ

55で眠ると合わせて…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください